リラクゼーション>下半身の疲れはこうして取ります!

緊張は人体を支える基礎の「あし」に回帰する

下肢とは、股から膝、足首、足、足指までを含む
「あし」全体をさします。

下肢は、人類が四つ足歩行の時代から、
二本足で立って歩くようになって、生活全般にわたって、
その重要性がはるかに大きくなりました。

と同時に四つ足でなら起こらなかったような困難や無理が新たに生じ、
それだけ不当な緊張も生まれやすくなり、
それが日常生活におけるさまざまな偏りや
悩みをもたらすことにもなっています。

下肢には、ク幹部と頭部という上部構造体を重力に
対応しながらダイナミックに統合する形で適切に支える役目があります。

頸や肩、背中や腰、腕や手など、体の部位・部分には
それぞれ特有の問題や困難がありますが、
下肢はそれらを包括・統合して全身の微妙な調整をしなければなりません。

すなわち、一方では重力という物理条件に対応して
微妙なバランスを維持し続けなければならず、
また他方では人間関係や文化など、
社会条件への対応を欠かすことができないのです。

そうした多重・多様な課題の難しさは心身のストレスを強め、
生活体験の安定を脅かし、不当な緊張を生じやすくします。
そんな緊張が人体をタテに支える基礎である「あし」に回帰して、
それを構成する股、膝、足首、足などに
不当な緊張や困難をもたらすことになります。

リラクゼーション

トップページ
準備緊張ってご存知ですか?動かなくても体は強張っています。
「恒常緊張」緊張状態を慢性化させてしまうと危険です!
「場面緊張」人前でしゃべることは苦手ですか?
「イメージ緊張」想像力豊かな人ほど陥ってしまいます><
日常生活は緊張の連続!気持ちの休まる暇さえありません。
ひとつでいいんです!あなたなりの○○を見つけて下さい!
あなたの本能は「弛む」事を望んでいます!
幸せを感じる瞬間、あなたの筋肉も喜んでいます!
もっとも簡単なリラックス方法をご紹介します。
力を入れる事に緊張し、抜いて弛める事に緊張する。矛盾ですか?
悲しいかな日本人の国民性が筋肉の強張りを招いています・・・
こうすれば極上のリラックスを得る事が出来ます!
全く無意識に筋肉がプルプルしてしまう人必見です!
四十肩五十肩で悩んではいませんか?
あなたは知っていますか?自分では制御できない自分を
リラックスは手首から!緊張感と弛緩感をあえて味わってみてください。
ゆっくりです。ゆっくりですよ!やさしく戻してください!
分からないまま快楽を求めてはいけません!しっかり見直して下さい。
緊張を捨てなさい!
スイッチが入っていればどうすればいいと思いますか?
全ての人が必ず陥る慢性的な緊張をほぐしましょう!
レッスン!体のどこに故障があるのかまずは見つけなければいけません!
あなたの肩はどこまで上がりますか?一緒に難所を乗り越えましょう!
オリンピック選手も、プロ野球選手もやっています!
○○は最も有効なリラクゼーション
パートナーと一緒にリラクゼーションの世界へ!
姿勢の歪みは、よけいな緊張により作られています!
猫背、腰屈がり、O脚も自分で変えられるんです!
O脚改善法を完全公開!簡単にできます。ぜひやってみて下さい!
無理な緊張をせずあなたの自由にしていいんです。
緊張ほぐしレッスン!まずはまっすぐ立って下さい。
自分ひとりで無理なら、誰かに手伝ってもらえばいいんです!
他人にお任せ自分は脱力!たまりませんねぇ!
心のリラックスと体のリラックスは必ずしも比例しない事を知って下さい!
無料で、しかもいつでも、自分に合ったリラックスを得られる秘義!
招かれざる客への対処法はこうだ!
イメージによるリラックスが効果的です!
自分の体を犠牲にしてきた結果を想像してみて下さい!
自ら働きかけてからだとの関係を変化させましょう。
自分の事だからこそ返って分からない事、ありますよね。
アソコの動かし方を正しく学んで下さい!
肩と腰には要注意ですよ!そこさえリラックス出来れば全身OKです!
癒しレッスン!肩をゆっくり上げていきますよ。そして・・・
癒しレッスン!ゆっくりですよ!ゆっくり静かに・・・
癒しレッスン!両腕をいっぱいいっぱい挙げて下さい。そして・・・
両肩を後ろへいっぱい開いてみて下さい。どこまで開きますか?
体の中心軸。腰まわりの痛みをとる方法
TVを見ながら出来る座ったままのリラックス方法を公開!
腰の安らぎレッスン!椅子に座るだけですのでやってみて下さい。
腰の安らぎレッスン!ちょっと腰を前に突き出してみてください。そして・・・
腰の安らぎレッスン!横にクネクネしますよ!そして・・・
日常のストレスは、あるところに偏って溜まります。
下半身の疲れはこうして取ります!

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system