リラクゼーション>アソコの動かし方を正しく学んで下さい!

動作のイメージを実感として身につける

腕挙げには肩の関節を回転させることが必要条件だとわかっていれば、
その部位の不当な緊張を弛めるにはどうすればいいのか、
その関節を自分で回転させるためにはどんな努力の仕方が必要なのかなどが
わかっていれば、視覚イメージだけの時よりも、ずっとあげやすくなります。

しかし、ただ知識としてわかっているだけでは、なかなかあがらないどころか、
よけいな緊張をつくり出し、かえって困難にしてしまうかもしれません。
そのとき、肩関節まわりの緊張や弛緩の感じ、そのための力の入れ方・抜き方などに
ついての動作イメージが具体的な実感としてしっかりと身につけていれば、
そうした危険状態を自分で適切に処理できます。

動作をする本人にとっては、動作のための手がかり・足がかりの基準となり、
しかもそれを援助する人にとっては、相手の立場に立ちながら理解の基準となる
動作イメージが必要になってきます。

本人には、自分の体の全体がどうなっているのか、
その構造のなかで動くべき関節部位はどのように位置しているのか、
ボディ・マップができているはずです。

しかし、その関節がどうすれば動くのか、
どんなふうに力を入れればどのように動き、
どうすればその緊張が弛むのかなど、
関節の動かし方そのものがよく身についているとは
いえないことが少なくありません。

リラクゼーション

トップページ
準備緊張ってご存知ですか?動かなくても体は強張っています。
「恒常緊張」緊張状態を慢性化させてしまうと危険です!
「場面緊張」人前でしゃべることは苦手ですか?
「イメージ緊張」想像力豊かな人ほど陥ってしまいます><
日常生活は緊張の連続!気持ちの休まる暇さえありません。
ひとつでいいんです!あなたなりの○○を見つけて下さい!
あなたの本能は「弛む」事を望んでいます!
幸せを感じる瞬間、あなたの筋肉も喜んでいます!
もっとも簡単なリラックス方法をご紹介します。
力を入れる事に緊張し、抜いて弛める事に緊張する。矛盾ですか?
悲しいかな日本人の国民性が筋肉の強張りを招いています・・・
こうすれば極上のリラックスを得る事が出来ます!
全く無意識に筋肉がプルプルしてしまう人必見です!
四十肩五十肩で悩んではいませんか?
あなたは知っていますか?自分では制御できない自分を
リラックスは手首から!緊張感と弛緩感をあえて味わってみてください。
ゆっくりです。ゆっくりですよ!やさしく戻してください!
分からないまま快楽を求めてはいけません!しっかり見直して下さい。
緊張を捨てなさい!
スイッチが入っていればどうすればいいと思いますか?
全ての人が必ず陥る慢性的な緊張をほぐしましょう!
レッスン!体のどこに故障があるのかまずは見つけなければいけません!
あなたの肩はどこまで上がりますか?一緒に難所を乗り越えましょう!
オリンピック選手も、プロ野球選手もやっています!
○○は最も有効なリラクゼーション
パートナーと一緒にリラクゼーションの世界へ!
姿勢の歪みは、よけいな緊張により作られています!
猫背、腰屈がり、O脚も自分で変えられるんです!
O脚改善法を完全公開!簡単にできます。ぜひやってみて下さい!
無理な緊張をせずあなたの自由にしていいんです。
緊張ほぐしレッスン!まずはまっすぐ立って下さい。
自分ひとりで無理なら、誰かに手伝ってもらえばいいんです!
他人にお任せ自分は脱力!たまりませんねぇ!
心のリラックスと体のリラックスは必ずしも比例しない事を知って下さい!
無料で、しかもいつでも、自分に合ったリラックスを得られる秘義!
招かれざる客への対処法はこうだ!
イメージによるリラックスが効果的です!
自分の体を犠牲にしてきた結果を想像してみて下さい!
自ら働きかけてからだとの関係を変化させましょう。
自分の事だからこそ返って分からない事、ありますよね。
アソコの動かし方を正しく学んで下さい!
肩と腰には要注意ですよ!そこさえリラックス出来れば全身OKです!
癒しレッスン!肩をゆっくり上げていきますよ。そして・・・
癒しレッスン!ゆっくりですよ!ゆっくり静かに・・・
癒しレッスン!両腕をいっぱいいっぱい挙げて下さい。そして・・・
両肩を後ろへいっぱい開いてみて下さい。どこまで開きますか?
体の中心軸。腰まわりの痛みをとる方法
TVを見ながら出来る座ったままのリラックス方法を公開!
腰の安らぎレッスン!椅子に座るだけですのでやってみて下さい。
腰の安らぎレッスン!ちょっと腰を前に突き出してみてください。そして・・・
腰の安らぎレッスン!横にクネクネしますよ!そして・・・
日常のストレスは、あるところに偏って溜まります。
下半身の疲れはこうして取ります!

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system